2011年06月08日

ラ・ドゥルセリア美松の八戸酒造地酒ケーキ

6月5日の白山浄水場の水道フェスタでは
IMG_0726.JPG
八戸圏域水道企業団のからみだと思うのですが、
IMG_0727.JPG
各地域から出店がありました。

IMG_0759.JPG

IMG_0760.JPG

IMG_0761.JPG

IMG_0800.JPG

家人にお土産を、と思い、
階上町ブースから買ったのがこちら。
IMG_0849.JPG

IMG_0851.JPG
ラ・ドゥルセリア美松の八戸酒造地酒ケーキです。

ラ・ドゥルセリア美松といえば
八戸前沖サバとリンゴパイを合わせた「サバップル」の
開発をしたことで有名なお店です。

八戸酒蔵地酒ケーキは
けっこう小さいのに600円とお高めでした。

包装をはがすとプンと日本酒の匂いが漂います。
IMG_0965.JPG
この白さ。
IMG_0966.JPG
シットリとしてキメが細かいやわ肌の美人さんです。

それほど日本酒は強く主張しておらず、
口の中で溶けるようなスポンジはシットリとして
口当たりが良くて美味しいです。

ラ・ドゥルセリア美松には他にも
『オコッぺ芋んブラン』や『うにぼたん』等
気になる商品がたくさんあるので
おいおい食べていきたいと思います。
posted by ESE 青森からこんにちは at 16:31| 青森 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月06日

スプーンで食べる宇治抹茶生どら焼き

お願い!ランキングGOLD6月4日放送の
美味しいコンビニ商品No.1決定戦 2時間SP
でローソン「スイーツ部門」「弁当部門」
どっちが美味いか対決!をしていました。

川越達也、斉藤美穂、吉岡英尋、荻原和歌が審査を
し、一人持ち点10点なので40点で満点となります。

結果
●スイーツ部門…合計197点

1位 プレミアム純生クリームチョコレート 39点
2位 アメーラトマトとチーズのスイーツ 35点 
2位 スプーンで食べるプレミアムレモンとレアチーズのロールケーキ(発売前)
4位 スプーンで食べる生どら焼き・宇治抹茶 33点
5位 スプーンで食べるプレミアムロールケーキ 32点
6位 山形県産佐藤錦のヴェリーヌ 23点

弁当部門のほうは滅多に買うことはないので
メモしていません。すいません。
対戦結果ではお弁当チームの勝ちとなっております。

普通であれば、あの商品が1位なのか、食べてみよう。と思うのでしょうが、
私は「生チョコ」にはあまり興味がありません。
そして番組中で価格250円を安い安いと言っておりましたが
あの大きさで250円って安いのか?
そんなに頻繁に買えるのか?ちょっと疑問に思いました。

2位のアメーラトマトの入っているのはスイーツで
野菜を使っているのは、“甘い”といわれてもどうも
食指が動きません。
野菜はサラダで美味しければそれで十分です。

同列2位のプレミアムレモンとレアチーズケーキは発売前。

結局、私的に一番気になったのは
4位の「スプーンで食べる食べる生どら焼き・宇治抹茶」180円です。
IMG_0902.JPG

スプーンで食べるのは
お皿に移し替えた時には
良いでしょうが、
IMG_0911.JPG
カップの中に入れたままだと
やはり少しクリームがつぶれて
カップにちょっとだけですが、ついてしまいます。
しかし、言うだけあって抵抗はかなり少なく
スッとスプーンが入ります。

もしかしたらコンビニで渡された
プラスチックスプーンでは無理で
普通に銀のスプーンを用意する必要があるかな?と
思っていただけに驚きの柔らかさです。

宇治抹茶とあんことの相性は悪い訳がありません。
甘めの抹茶クリームで、抹茶の渋味が抑えられていて
食べやすいですね。スプーンで切れるくらいの皮なので
ふわっとした食感で皮まで美味しいです。

でも抹茶ではない普通の「スプーンで食べるどら焼き」
150円もかなりおいしいので30円の価格差ほどの
違いは感じませんでした。
基本バージョンの出来が良すぎなので
ハードルが上がってしまった感があります。
(スプーンで食べるどら焼きは
手にもって食べたのでスプーンで
切れるか未確認でした)

弁当は親子丼が1位になっていたので
買わないけどちょっとどんなのか見て
みたら凄く小さい器でした。
女子ランチに丁度良い、とコメントしていたけど、
いやいや女子にも足らんだろ。

あの番組に出れば上位になった商品は
売れるだろうけど、下位になった商品の
売れ行きが落ちないかちょっと心配。

でも、新たな購買客が出ないだけで
今まで買っていた人が買っていれば
売上は落ちないということなのかな。
posted by ESE 青森からこんにちは at 23:36| 青森 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月04日

紅ほっぺのタルト

ローソンで
静岡県産紅ほっぺのタルトを購入してきましたよ。
IMG_3138.JPG
ちなみに紅ほっぺ は
苺の品種名です。

青森県での品種の主流は
とちおとめ、女峰、あたりかな?
おっと、麗紅もありました。
(麗紅は女峰の親のひとつですので
相当昔の品種ですが、不思議と
青森ではまだお目にかかる機会も
多いですね)

"紅ほっぺ"は静岡県農業試験場で
"さちのか"と"章姫"を掛け合わせ
てつくられた品種です。

もしかしたら"さちのか"と"章姫"自体
まだあまり有名ではないかな??
"さちのか"は弘前も産地ですし、
章姫は最近苺のパックが2段重ね積みでは
なくなって1列で下にスポンジを敷くように
なって売るようになったのは
章姫の大きすぎる果肉が原因かも。

"紅ほっぺ"は
果実が大きく、酸味とバランスが良いうえ、
痛みにくく、香りが高い品種。
今、静岡でもっとも力を入れて
販売している品種です。

だいたい想像はつくと思うけど、
ほっぺが落ちるほど美味しい、というのが
命名理由だとか。

IMG_3139.JPG

IMG_3143.JPG


カルピスの発酵バターをつかった
タルトにカスタードと苺が山盛り。
IMG_3148.JPG
やっぱり苺が大きな存在感を出していますね。
普通、ケーキに載せてる苺って
クリームの甘さでごまかしているのが
多いのですが、この紅ほっぺは
苺の部分だけ食べても
美味しいです。
それがお皿部分のタルトも美味しくて
すごく美味しくなっています。

395円と普通にケーキ屋さんで買うのと
変わりないし、
小さいのに
IMG_3144.JPG
結構お高め。

でも、それに見合うだけの
美味しさです。(#^.^#)
posted by ESE 青森からこんにちは at 22:37| 青森 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月30日

農アイス クリスマスデコ

年が明ける前に年内の記事を、ということで
いまさらながらクリスマスの記事です。
TS3I0069.JPG
こちらは道の駅 十和田。
TS3I0064.JPG
トイレは24時間開放しているのでドライバーには
ありがたい存在です。
TS3I0065.JPG
別館 匠工房で売っている農アイス。
TS3I0070.JPG


TS3I0066.JPG
その中でも期間限定でクリスマスシーズンのみの販売の
こちらのクリスマスデコBr。
TS3I0074.JPG

TS3I0075.JPG

TS3I0076.JPG

買ってみるまでソフトクリームだと思ってコーンに
入っているのかと思っていましたが、
ワッフル生地のお皿に入っていました。
何かソフトクリームよりも少ないような
気がしなくもないですが、
おいしかったですよ。

記事に書いても今年はもう食べられません。
あしからず。
タグ:農アイス
posted by ESE 青森からこんにちは at 08:49| 青森 | Comment(4) | TrackBack(0) | スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月26日

インド土産

インドへ行った方からのいただきもの。

お土産をくれる気持ちは嬉しいけれど、

このタージマハールのプリント、
TS3I0183.JPG
いかにもインドって感じのチョコレート。
でも中身はいたって普通のチョコだ。
TS3I0184.JPG
これ、インドから買ってきたんじゃなくて

空港で買ったんじゃないですか?

インドから持ってくるにはかさばるから
大変ですよね。

また、どこかへ行ったらお土産を買ってきて
いただけるように思いっきり喜んでおきましたが、
そうそう海外まで行けるような人は周りにはいないな〜。



posted by ESE 青森からこんにちは at 23:33| 青森 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月31日

モチフィーユ

今日は東京で声優をしている姪からの
お土産を貰いました。

声優って言ってもピンからキリまでなので
その他大勢のほうですが・・・・。

苺のモチフィーユ☆100%Sweets TOKYO
TS3I0048.JPG
このイチゴタグの裏には
「国産苺でつくったコンフィチュールと
苺を練りこんだお餅、そして
風味豊かでしっとりした食感の
アーモンドプードル入りの
スポンジ生地を層に重ねて
ミルフィーユのように仕立てました。」
と書いてあります。
TS3I0050.JPG
一番上が
苺を練り込んだお餅

次が
アーモンドプードル入りしっとりスポンジ

その下が
苺のコンフィチュール(ジャム)

さらに
しっとりスポンジ生地

お餅とケーキの段々、
思っていたよりずっとイケる。

柔らかいけど、食感に変化があるので
面白い。

あっ、ときどき、苺を食べてるみたいな
プチプチ感が・・・。

美味しかった。
ごちそうさま。

ネーミングのセンスも冴えてますよね。
ところでミルフィーユって何?
posted by ESE 青森からこんにちは at 22:01| 青森 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月26日

『ポム・レ(青森県産ふじりんご使用)』

ローソンで販売中の
青森りんごスイーツ情熱プロデュース
(外部リンク)の作品達。

以下HPから抜粋

情熱プロデュースって何?

近頃ではスイーツという言葉が世の中に定着して、
たくさんのスイーツが出回っていますよね。
しかし、これぞ青森!という青森県を代表する
スイーツと呼べるものってなかなか思い浮かば
ないのではないでしょうか。
そこで私達は、近年のスイーツブームと
青森の代名詞ともいえるりんごに着目し、
青森りんごを使ったスイーツを誕生させ、
青森りんごの奥深い魅力を全国へ広げるべく、
青森発りんごスイーツブームを起こそう!と考えました。
こんな情熱のもとにスタートしたのが
「りんごスイーツ情熱プロデュース事業」です。

抜粋 ココまで

〈奨励賞〉「ポム・レ」前田 秋子さん作
TS3I1817.JPG
濃厚なミルクの甘い味わいとりんごソースの酸味。
TS3I1818.JPG
味・見た目ともにマッチしています。
TS3I1820.JPG
ポムはりんご、レはミルクという意味。

ミルクプリンの上に甘く煮たリンゴ。
少しカラメルソースがかかっています。

底の方にも煮たリンゴの角切り入り。

リンゴは食感が良いように少し歯ごたえが
残っています。
TS3I1819.JPG
作っているのは工藤パン

2月16日から売り出されています。

他にも色々なアイデア溢れる
新りんごスイーツがいっぱい。

スイーツ売り場を見るのが
楽しくなりますよ。
posted by ESE 青森からこんにちは at 11:19| Comment(2) | TrackBack(0) | スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月15日

かしす羊羹

今日のおやつは甘精堂(過去記事リンク)のかしす羊羹
TS3I1764.JPG
最近はカシスって言うけど、
私が子供の頃はすぐりとか、
黒スグリと言ったものです。
TS3I1769.JPG
最近ではジャムやアイスクリームに
大活躍ですね。
タグ:かしす羊羹
posted by ESE 青森からこんにちは at 22:34| Comment(4) | TrackBack(0) | スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月10日

頂きもの 両口屋是清

両口屋是清の
お菓子を貰いました。
HI3D0003.JPG
パンフを見たら
寛永11年(1634年)の創業だって・・・
375年前・・・!

代表取締役会長が12代目だって。
ここまでくると歴史がありすぎて
自分の代でつぶしてなるかって
がんばる気になるだろうな。

興味のある方はこちらをクリック

和三盆を使った
上品な味です。
ごちそうさまです。
ありがたく頂戴いたします。

所で、気になっていたんだけど、
「両口屋是清」
のお菓子を食べるのは
絶対に初めてだって言いきれるの
ですが、この名前、ドコかで
記憶にひっかっかっているんですよね。
変った名前だから覚えていたけど、
そんな人物は知らないのも
確かだから、

何かで見た覚えが
あるんだけど、何だか思い出せなくて
胸のあたりがモヤモヤする。
誰かスッキリさせて!
タグ:両口屋是清
posted by ESE 青森からこんにちは at 23:34| Comment(6) | TrackBack(0) | スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月04日

毛豆&ホイップもち

サークルKサンクスの季節限定商品
1個140円

ずんだ餡とホイップクリームを二つ折りの求肥で包んだ和菓子
TS3I0128.JPG

TS3I0129.JPG
青森県鯵ヶ沢町で栽培された毛豆を使用した「ずんだあん」は、
えだ豆のつぶつぶ感たっぷり。
TS3I0130.JPG
そもそも「ずんだ」とは枝豆をすりつぶして作った
緑色をした餡のこと。そして、
毛豆とは枝豆のサヤに毛がいっぱいついた物で
通常のつるつるした枝豆よりコクがあります。
TS3I0133.JPG
その毛豆で作ったずんだ餡なのだから美味しいに決まってます。
そしてホイップクリームでずんだだけだと
ちょっと重たくなりがちなモッタリ感を
中和して素晴らしいバランスの和スイーツになっています。
やっぱり枝豆といったら毛豆でしょう。
TS3I0132.JPG
ここまででやめておけばいいんだけど、
コレ食べてたら、つい、口をついて出た言葉が

「ああ、豆しとぎをしばらく食べてないなぁ〜」
でした。

豆しとぎは今の時期にでも売っているのかな?
posted by ESE 青森からこんにちは at 23:14| Comment(2) | TrackBack(0) | スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月25日

いもすけどん

いただき物です。
5374482.jpg
いもすけどん、大好き。
他地方から来られた方が
お土産に買って帰るような商品なので
あまり普段食べることがないので
久々に食べました。
やっぱり美味しい。
DSC04458.JPG
写真が近すぎてピンボケになってますが、
ピョンピョンとスジがとび出ているのが
わかりますか?

芋の繊維を昆布で表現しているのだそうです。

青森市の工藤パンで作っているお菓子です。
青森のお土産には結構ポピュラーな商品です。
お土産に迷ったらいもすけどんをお勧めします。
posted by ESE 青森からこんにちは at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月18日

鶴田のお土産は「あんぽんたん」

ココは鶴田の町の駅「あるじゃ」
TS3I1464.JPG
「あるじゃ」とは津軽弁で
「ココにある」とか、「見つけた」の意味ですが、
他にも色々意味があるということが書かれています。
TS3I1463.JPG
お土産に買った「餡ぽんたん」1コ210円
DSC04452.JPG
ゆっくり選ぶ時間もなかったものですから簡単に
やっぱり鶴田に行ったら鶴田のお菓子でしょ、ということで
地元のお菓子屋さん、斎藤菓子店が作っているものを
選んでみました。

食べてみて、
ほぅ、こうなっているのか〜、なるほど。
干し柿に羊羹がコーティングされている感じですね。
DSC04451.JPG
コレは・・なるほど。意表をついてきましたね。
お茶うけにいい感じです。

もっとたくさん買ってくればよかった〜。
posted by ESE 青森からこんにちは at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月08日

今日のおやつは日本一のおいしさ

第19回全国菓子大博覧会審査総長賞受賞、
日本一のおいしさ、の文字に惹かれ
買ってしまいました。
調べたら第19回って昭和52年の話だった・・・。
CA320100.JPG

600円で8個入りだから1個当たり75円。
直径4.5センチくらいのいびつなまあるい形。
CA320102.JPG

CA320101.JPG
昔ながらの素朴な味わい。
最新のスイーツばかりでなく、

お茶を飲みながら(この場合はコーヒーではなくて
本当に日本茶、もしくは紅茶ね)
ホッと一息つく。
こんなお菓子と一緒の時間。

昭和52年って自分は何をしてたかな?
宇宙戦艦ヤマトに夢中だったなぁ、などと
思い出してみるのも
たまにはいいものです。

県民が選ぶ   あおもり味楽伝120
参加商品

フライボール
お菓子工房 やなぎや
青森県むつ市緑町17−58
電話 0175−28−2880
posted by ESE 青森からこんにちは at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。