2011年07月02日

1ヵ月間だけなら誰でも節約は出来るだろうけど・・・

今の世の中、2〜3日前のことがかなり昔に思えるから
怖いですね。

TV番組、黄金伝説で
いとうあさこVS麒麟田村が
「1万円生活」で1ヵ月間バトルしていて
結果として、いとうあさこが数百円差で負けてしまったけど、
毎日晩酌して笑って、美味しい節約料理を作っていたので
見ていて楽しかったです。

対して、麒麟田村は「ホームレス中学生」のノリを
スタッフに求められたかどうかは定かでは
ありませんが、公園の水をがぶ飲みとか、
米、油、塩のみ等ありえない
「不健康生活」

月間で平均すれば成人男性1日必要カロリーを
毎日摂取していることになること、とかに
勝敗の基準を変えたほうが良いかも。

その場合は男女での対戦はなくすか
ハンデをつけるかしないといけないと思いますがね。

濱口の場合は自分で海に潜って獲物を獲ってきて
体を張っているし、その獲ってきた魚や海の生物、等、
食べる命に対して
「ありがとう、
あなた達の命を頂き、食べることによって
自分の命を明日に繋いでいくことができます」
という、まさに
「いただきます」という
普段何気なく口にする言葉の
原点である「感謝の念」を抱いていることを見せているので
多少の無茶があっても、まだ、許せるけど、
田村の食生活は単に我慢してるだけだし、
水を変えないで何日も水風呂って見ていて汚い。
1万円が企画終了後、返納されると知るや否や
ギリギリまで使わな損、という考え方もセコイ。
節約はセコさと違います。

私も節約を心がけて一生懸命
お買い得情報とか安く食べられるお店を
紹介しているので、同じ「節約」という
言葉でひと括りにして欲しくないというか・・・。

勝者の田村がオードリー春日を次回の対戦相手に希望
していましたが、そんな泥仕合、見たくないなぁ。

節約っていうのは基本、初期投資には
お金をかけるものなんですがね。

まぁ、グタメキはその程度にしておいて
私の節約にかかせない畑の状態です。
IMG_1563.JPG

大根はまだ小さくて細いですが、
IMG_1583.JPG
もう収穫できます。
IMG_1586.JPG
何本か既に食べています。まだもう少し
大きく育てます。

スナップえんどうも大きく育ったものから随時収穫中。
IMG_1584.JPG
ところで、「スナップえんどう」と「スナックえんどう」
どちらの名前も聞きますよね。
農林水産相はスナップエンドウと言っていますが
販売メーカーはスナックエンドウで売っています。
スナップエンドウは品種名で
スナックエンドウは商品名ということでしょうか?

小松菜がようなく出てきました。
IMG_1581.JPG
売っている見慣れている葉っぱになるには
まだしばらくかかります。

ジャガイモはまだ花の段階ですが、
IMG_1587.JPG
特にたくさん植えています。
ジャガイモの花は
IMG_1580.JPG
紫のと
IMG_1579.JPG
白いのがあります。
この色の違いが何から来ているかというと、
品種の違いです。昔は男爵とメークインしか
ありませんでしたが、最近は
私も耳にしたことのない名前のジャガイモが
たくさん有り、品種特性とかはしっかりと調べないと
全然わからなくなってしまいました。


この葉っぱ、
IMG_1568.JPG
何かわかりますか?
スーパーで見慣れている形とは
似ても似つかぬチンゲン菜です(笑)
作物を育てていると最初はこうなんだ!と
いう思わぬ発見をすることが多々あります^^;

IMG_1564.JPG
茄子、

IMG_1565.JPG
ズッキーニ、

IMG_1557.JPG
トマト、

IMG_1561.JPG
ミニトマト、

IMG_1559.JPG
キュウリ等は
これからの夏本番にむけて収穫が楽しみな
野菜達です。

しかし、雑草取りやら何やら畑の手入れで今日は体が動かん。腰が痛い。
これを商売にしてやっている人は大変ですね。

これだけキツイと後継者がいないのもわかります。
しかし、絶対に必要な職業なんだから
国の保護というか、

過疎化で悩んでいる
農村とかは農家に来てくれる人は
自分の町、村では公務員待遇で迎えます、とか
いう制度を作ればいいのに、とか考えてしまいます。
posted by ESE 青森からこんにちは at 23:55| 青森 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 野菜、果物、畑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月26日

畑は順調です

今日は畑の手入れをしてきました。

今、畑には
IMG_0331.JPG
ジャガイモ、

IMG_0332.JPG
大根、

IMG_0334.JPG
スナックエンドウ

IMG_0347.JPGIMG_0341.JPG
ホウレンソウ、

IMG_0343.JPG
ニンジン、

IMG_0344.JPG
チンゲンサイ、

IMG_0345.JPG
はつか大根、

IMG_0346.JPG
かぶ、

IMG_0348.JPG
茄子、

IMG_0372.JPG
トマトと

IMG_0373.JPG
かぼちゃ
等、色々植えてます。

IMG_0352.JPG
枝豆ととうもろこしには鳥よけネットもかけて
かなり本格的。

畑の写真だけだと華がないので
我が家の庭の花の写真も。
IMG_0362.JPG

IMG_0364.JPG

IMG_0365.JPG

IMG_0366.JPG

IMG_0370.JPG

IMG_0376.JPG

IMG_0377.JPG

IMG_0380.JPGIMG_0381.JPG
今の時期は花に囲まれて生活しています。

畑仕事をしても給料は貰えないんだよな、などと
考えながら、疲れて家に帰ってみると・・・
報酬が届いていました(笑)
IMG_0383.JPG
kan×Kemからのプレゼント。
500円のQUOカード。
ケンケンはフリーペーパーなので
元手無しで純粋に儲けのみ。
図柄が今の気持ちと同じ「超ラッキー」でした^^
posted by ESE 青森からこんにちは at 21:23| 青森 | Comment(2) | TrackBack(0) | 野菜、果物、畑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月23日

農業はリサイクルだ

春です。
畑の季節です。
ウチの畑は売る為の野菜作りではなく
自家消費用&おすそわけ用ですが
家庭菜園のレベルではありませんので
IMG_3440.JPG
かなりの労働ですが、
今植えておけば
ひと冬食べることが出来るだけの
ジャガイモがなりますので
こればっかりはやらない訳にはいきません。

我が家では食べ残しや食べられない場所、
果物のヘタやりんごの芯、野菜クズ、魚のアラ
などは生ごみを肥料に変えてくれる
コンポストに入れておきます。
IMG_3448.JPG

生ごみが堆肥になり
おいしい野菜を作り出します。
ゴミの減量にもなるし、
ある意味究極のリサイクルです。
土をいじっていると、ありとあらゆるものは
"土に還る"のが本来あるべき姿かもしれないと
考えてしまいます。

今日はジャガイモを植えました。
園芸指南書を見ると
「種芋をカットして
2〜3日、お日様に当てて切り口を
乾燥させる。それを30センチ間隔で
植える際に切り口を下にする。」
と書いてありますが、
我が家では切り口には木灰をまぶし、
IMG_3402.JPG
切り口を上に向けて植えることにより、
芽が一旦下に向かって伸び、
それから上に向かって伸びてくるように
植えます。少し困難な状況を
与えることによりしっかりとした太い
芽が土から顔を出しますよ。

ちなみにジャガイモならスーパーで
いくらでも買ってくることが出来るから
自分も家庭菜園でもやってみようかな?
とかは考えないでください。

食料品店で売られているジャガイモは
食用として育てられている時にアブラムシの
寄生を完全には防ぐことが出来ない為
ウィルスに汚染されている可能性が
大きいです。

食べるのにはまったく問題がないのですが、
種芋として使用すると生育がとても
悪いばかりではなく、収穫できなくなる
こともあります。
やるなら種芋として売っているものをご利用くださいね。

ほうれん草の種を見たことがありますか?
芽だし処理の為、一昼夜水につけておいたほうれん草の種
IMG_3416.JPG

他に色々植えましたよ。
IMG_3429.JPGIMG_3426.JPGIMG_3425.JPG
収穫が楽しみです。

IMG_3403.JPG
家の裏ではとうもろこしと枝豆の準備も着々と進んでいます。^^


posted by ESE 青森からこんにちは at 14:25| 青森 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 野菜、果物、畑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月22日

収穫祭

借りているファミリー農園の収穫祭です。
IMG_0585.JPG
私はスタッフの一人として働くので
朝9時から会場の設営に。

りんご園の他、色々農園を
やっている方の敷地で
りんご箱を並べて
特設会場を設置し、
出品者を待ちます。

その間、女性陣も
おにぎり作りやせんべい汁
作りで奮闘しています。

出品作がズラリと並んだ頃、
IMG_0643.JPG
特設場所の準備は終わり、
電気ジャーではなく、昔ながらの
お釜で炊いたご飯で作った
おにぎりと、ここのりんご園の
100%ジュースが並びます。
IMG_0650.JPG
りんご園のりんごジュースを
りんごの木を見ながら飲む。
ある意味、もの凄い贅沢。

役所の農水省や農業交流研修センターからも
審査員が来て
IMG_0644.JPG
野菜の部、じゃが芋の部で
それぞれ1〜8位までが入賞します。
IMG_0615.JPG
じゃが芋は農園から種芋の配給があったので
同じ条件での勝負になるので
別に審査があるのです。

入賞を決めるのに揉めに揉めたようで
審査員でない私達は1時間も
待ちぼうけをくらってしまいました。

おにぎりがひからびるよ〜、
早く〜あせあせ(飛び散る汗)
せんべいがふやける〜、
IMG_0660.JPG

待っている人がいることを
忘れる位白熱した審査が行われた
ようです。
IMG_0636.JPG
種類で勝負する人や
IMG_0641.JPG
面白いもので勝負する人。
IMG_0629.JPG
人が作らない物で勝負する人。
IMG_0632.JPG
説明でわかりやすくする人。
色々だから審査も難しいですよね。
ようやく審査が終わり
入賞発表が行われました。

入賞賞品も農園で使う物(笑)
IMG_0597.JPG


飲食中、
種差の洋望荘のマスターシェフから
差し入れがありました。
美味しんぼ100巻でも紹介されていたし、
TVで見たことがある人も多いのでは?
全ての病は食生活と何らかの関係がある、と
化学調味料、添加物を一切使わない独自の料理を追及
されて考えておられるご主人。

当然自分もそんなものが入っている
食品は口にしない訳です。

そんな親子もここの農園のりんごジュースなら
美味しく飲んでいます。
IMG_0668.JPG
そう、差し入れはここの
農園のりんごジュースを
使って作ったパン。
IMG_0665.JPG
粉や作り方などもこだわっているという
ウンチクを聞きながら食べる
パンは又、一味アップしていますね。
IMG_0663.JPG
パンを切り分けているのは
元重君。将来の寿司職人ですが、
調理師免許をまだ取得できないので、
父親がサポートし、サービスとして
お客さんにお寿司を提供している
というだけで、既に寿司職人な訳です。
ナニコレ珍百景でも元重君が寿司を
握っている所が紹介されました。
いや〜、こういう子って買い食いとか
許されないんだろうな〜。

おっと、話がそれました。
IMG_0670.JPG
スイカで〆て終了。
IMG_0669.JPG
本当はもっと早い時期にやれば
枝豆やらとうもろこしやら
もっと出品が多くなるのですが、
お盆になれば忙しくなる人達が
多いのでそれを避けるとどうしても
この時期になってしまうんですね。


お客様がかえった後、
私達には撤収作業が待っています。

出品した野菜やじゃが芋は
来賓達に良い所を見繕ってやった残りは
帰っていく人達がそれぞれ
適当に持ち帰ります。
自分の出したものを自分で持って
帰るのではありません。
なので撤収作業を終えた頃には
すっかり野菜は姿を消しており、
自分が出品したじゃが芋や
野菜は持って帰られてしまっています。

苦労して作った中でも良い所を
持ってきているのにそれを持って
帰られてしまって悔しいのですが、
もしも自分の出品したものだけ
その場に残っていたとしても
それはそれで持って帰るにも値しない
野菜しか作ってないと見られているようで
屈辱的な気がするし・・・ジレンマです。

農園を通じて知り合った
仲間同士でこういうイベントが
あるって素敵じゃないですか。
ラベル:収穫祭
posted by ESE 青森からこんにちは at 21:37| 青森 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 野菜、果物、畑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月12日

とうもろこし=きみ

我が家のとうもろこし生産も
今年で4年目です。

2007年産
DSC04164-thumbnail2.jpg
見たとおりチンチクリンでど素人が作ったのがわかります。

2008年産
CA322203-thumbnail2.jpg
実入りが少なく、粒が薄くて食べがいがありませんでした。

2009年は諸事情により私は畑どころでは
なかったので親が作ってましたが、
写真は無し。

そして今年。
長さも実入りも十分。
IMG_0046.JPG
しかし、鳥にだいぶつっつかれています。
遅まきながらネットをかぶせてきました。

早朝から汗ダクダク。


シャツを取り換えて
麦茶と採りたてとうもろこしで朝食。
青森県では茹でたたとうもろしを“ゆできみ”と呼びます。
IMG_0047.JPG
うん、味も最高です。

自家消費用ですが、そろそろ売りにだせるレベルになってきたかも。
posted by ESE 青森からこんにちは at 08:32| 青森 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 野菜、果物、畑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月10日

初収穫 きゅうり


胡瓜がようやく3本だけ食べられる大きさになりました。
TS3I0712.JPG
撮影用に手に持ったら
イボが痛いのなんのって。美味しさの証です。


他のはまだこんな感じで
TS3I0715.JPG
指より短いです。
TS3I0714.JPG
花もまだこんなに大きい。

スーパーで売っている胡瓜の先っちょについて
いる茶色のパヤパヤしているのは
この花がしぼんだ花がらですよ。

こんなに小さくてもちゃんと
胡瓜の形をしているのがかわいい。

うん、トマトも順調。
TS3I0717.JPG
早く赤くな〜れ。


ラベル:収穫 胡瓜
posted by ESE 青森からこんにちは at 22:00| 青森 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 野菜、果物、畑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月05日

良い天気です

畑仕事もすすむってもんです。
TS3I0434.JPG

TS3I0435.JPG

TS3I0436.JPG

TS3I0442.JPG

TS3I0441.JPG

関係ないけど、我が家の畑のある場所は、

あの“美人すぎる市議 藤川優里”の
家がすぐそばにあります。
TS3I0439.JPG
(元八戸市市議会副議長の藤川友信は実父)
TS3I0438.JPG
思えば美人すぎる何々とか、
何々すぎる・・・って言葉自体が
この人から始まったような気がしますね。


すぐ近くなのに1回も会ってないのはどういうことなんでしょうね。
posted by ESE 青森からこんにちは at 17:43| 青森 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 野菜、果物、畑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月14日

アピオス

アピオスって知ってますか?
道の駅などでみかけますよね。

学名が アピオス で和名が アメリカホドイモ
なのだそうです。

昔からホド芋って言ってて(ホドッコという人もいたな)
アピオスって言うように
なったのは割と最近のことだと思ってましたが、
そういう違いだったんですね。
八戸では結構普通に栽培されてましたので
最近人気になったと聞いて、
何をいまさら・・と思ってみたりして。

アピオスとは明治時代にりんごの苗木を輸入した際に
その土についていたものが広まったと言われている
栄養満点のマメ科の植物です。
それで青森県にあるんですね。

おもいっきりテレビなどのテレビ番組でも紹介されたそうで注目されて
いるそうですが、畑にこれあるとびっくりする位生命力が
強くてどこまでもビロビロとつるがのびて他の作物を育てるのに
邪魔だったりします。(^^ゞ

アピオスはマメ科の植物ですが、豆のようではなくて、
ポコッポコッと数珠のように繋がった塊根を食べます。

丸ごと蒸したり煮たりしてそのまま食べるのが
一般的。

アピオスは無農薬でも簡単に作れるというか、
何もしなくても雑草のごとく強いです。
一度栽培したら次の年には
栽培しているつもりはないのに
勝手に出来てました。

アピオスを調べてみたらとても高い栄養価ですね。
ジャガイモと比べると,カルシウムが30倍,鉄分が4倍,
繊維が5倍,タンパク質が6倍,エネルギーが2.5倍,
ジャガイモにはないビタミンEを含んでいるんだって。
ビックリしました。

私としては簡単に作れるし、昔の人は自生してた
アピオスで飢えを凌いだのかなと
思える野菜です。

塩ゆでが簡単ですが、
皮をむいて食べることが出来るほどの
大きさではないので皮ごと食べても
気にならない素揚げやチップスに(縦にスライス)
したのがおすすめです。

これは素揚げ。
TS3I0090.JPG
味・・・?

うーん、
落花生っぽいかな、いや、
ゆで落花生っぽいかも。
人に聞くとサトイモの味とか、
じゃが芋に似てるかな?とか、
“栗”と答えた方も!
私にはそれほどまでには
美味しいとは思えなかったけど。

塩コショーをふってマヨネーズをかけると
美味しいですが、それはもうアピオスの味
は感じなくなっているかも・・。

うちではたまにアピオスの炊き込みご飯というのも
食卓に並びますが、私としては
天ぷらなどの油を使った調理方法が
アピオスを一番美味しく食べる方法では
ないだろうか、と思っています。
TS3I0091.JPG
「精力がつく」ということで、アピオスは
お疲れちゃ〜んな人にはおすすめですよ。

posted by ESE 青森からこんにちは at 23:11| 青森 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 野菜、果物、畑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月17日

大きいから「大」根

この大根、
CA320108.JPG
長さ、70センチ、
直径12センチ、
重さ、ハンパなく重い (^^ゞ

雪が降りそうなので大根の収穫。

いつもに比べて長いし、重いし、
全然抜けてこない 汗
こんなのがごろごろ。

こんなに長ければ
1本で普通サイズの2本分はゆうにあるので
食べきるのに時間かかる〜。

あまり小さくても嫌だけど、
大きければ良いってもんでも無いのですね。

自家製の場合、巨大になれば
なるほど嬉しいかと思っていたのですが
適正な大きさでなければ
ダメだとわかりました。
CA320109.JPG
こちらはターツァイ。
CA320107.JPG
赤カブ

漬物のシーズンになりますね。

こんなにあるのに売り物では
無いのです。

そのうちに長者山の麓の
朝市に並べることがあるかも。
あれってどういう許可が必要なんですかね?
posted by ESE 青森からこんにちは at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 野菜、果物、畑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月06日

でっかい白菜がとれました

うちの畑でとれたなかで過去最高の大きさに
育った白菜。
TS3I1040.JPG
農家では無くて素人なので中々
売っている物のようには大きく
ならないのが普通なのでちょっと
嬉しくて写真に撮ってしまいました。
TS3I1039.JPG
普通はこのキャベツのように
小さくて虫食いだらけが当たり前
なんです。
TS3I1038.JPG
この大根は
私の母が漬物にして
青森の私の家族にくれました。
TS3I1064.JPG
美味しくて家内にも子供にも
人気で、作り方を聞かれましたが
TS3I1065.JPG
聞いてきませんでした。

ごめん。
posted by ESE 青森からこんにちは at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 野菜、果物、畑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月07日

台風18号が

モロに日本列島を縦断しそうな進路をとっていますね。

過去平成2年の台風19号の進路に良く似ています。

りんご農家の方や収穫を目前に控えた米農家の

方は気が気ではありませんね。

かくいう私も今日、急いで畑に行って

食用菊をとってきました。

私の作っているのはもちろん

無農薬なので収穫量は少ないですが、

味はばっちり。
TS3I0909.JPG
おひたしは甘みさえ感じる

ことができる程。

かすかな苦みが又、美味しい。

普通は花びらのみを食しますが、

我が家のものはガクが小さく、

苦みがほとんどないので

天ぷらにしてがくもついたそのままで、

麺つゆでいただきます。
TS3I0907.JPG
血がキレイになるようなそんな

気にさえなります。

天ぷらは酒のあてにもなります。

我が家は収穫するものが少ないのでいいですが、

収穫しきれない農家の方は

台風がそれろ〜それろ〜って念じている最中でしょうか。

農家で生計を立てるって、考えてみれば博打かも。

今年も又、落ちりんごがスーパーの店頭に並ぶのは

見たくないですね。もちろん落ちてしまった

りんごを無駄にしないのは大切ですが、

綺麗なまま高値で売れるのが一番ですからね。

私も祈ります。台風がそれますように。
posted by ESE 青森からこんにちは at 22:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 野菜、果物、畑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月02日

カラスに目を付けられた

最近、妙にこのブログの読者数が増えているので
もしかして知らない人もいると思うので説明しますと、
私は、畑で自家消費用の野菜を作っています。

(今年はトウモロコシの記事をアップするの忘れた!
うまく出来たのに、紹介しないうちに、もう食べちゃった!)

今日、畑でチンゲン菜を
DSC00200.JPG
(完全無農薬なので虫食いはありますが、自分で
作っているからこそのウソ、偽りの無い無農薬)
とってきて、
売るだけあるほど大量にとれた、(売らないけど)と
満足して家に帰ってきて・・・・・

遠くから見ているうちは何だかわからなくて
どこかから飛んできた黒いごみ袋が
家の屋根にひっかっかっているのかと
思いました。

でも家に近づいてきてようやく判明した
その正体は烏。
屋根のかなり端っこのほうににカラスが
変なバランスでとまっています。

何やってんだ?と思いながらも
あまり気にしていませんでした。

で、帰ってきてから家の裏で作っている
トマトと枝豆を見にいくと、
赤く熟した大きなトマトにくちばしでつっついた跡が・・・。
なんてこと!

烏に突っつかれたのか〜と怒り心頭。
おまえに食べさせる為に作ってんじゃない。と、
(今年は日照不足で中々赤くならないし大きくならないのに
ようやく赤く大きくなったのをダメにされてくやしいの何のって)
その場で青い実までもいでしまいました。
DSC00199.JPG
赤いのより青いほうが多い。
DSC00198.JPG
家にもってはいってから、何も全部もがなくても
烏がはいってこないようなネットをはるとか、
囲いを作るとかという手もあったんではないかと思い・・・

もう、もいでしまった。後の祭りってこういうことだ〜。

私は貧乏でお金はないけれど、畑で採れたての
無農薬野菜を食べることができ、家の裏でもトマトや
枝豆を作ることができて、すぐにもいで食べることが出来ます。
コレって実は土地の狭い都会には無いかなり贅沢な環境では
ないでしょうか。
posted by ESE 青森からこんにちは at 22:38| Comment(8) | TrackBack(0) | 野菜、果物、畑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月14日

私は生産者

今日はじゃが芋(メークイン)を植えに
畑にやってきました。

昨日のうちに芽がどちらにもあるように無菌の
種イモを2等分にカットして灰をまぶして
あります。
CA320108.JPG

畑はすでに耕して、肥料をまいてあります。
CA320110.JPG
こうやって30センチ間隔で並べて
置いていき、軽く土をかぶせて
土が飛ばないようにトントンと
軽く固めてやるだけ。
CA320114.JPG
最初はそんなに深く埋める必要が無いんです。
芽が出てきてから又やることが発生しますが、
基本的に植える作業はコレだけ。
簡単でしょ。

で、
ひと冬、放置しっぱなしだった玉ねぎ
芽が出てます。
CA320115.JPG
これと、
スナップえんどうや
CA320113.JPG
ダリア、グラジオラスの花の
畑にも水を捲いて今日は終了。
CA320117.JPG
コレら、すべて
自家消費と、おすそわけ用に栽培しています。
売り物ではないんですね〜。

時期になれば、
大根キャベツ、ズッキーニ、カリフラワー
白菜、人参、ホウレンソウ・ラデッシュ
ミニトマト、枝豆
菊、ブロッコリー、
etc
なども栽培します。

私は貧乏ですが、生産者なので人に
あげることができる物があるのです。
完全無農薬なので結構
喜ばれていますよ。わーい(嬉しい顔)
ラベル:生産者
posted by ESE 青森からこんにちは at 17:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 野菜、果物、畑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月09日

外見は白い瓜、中身はそうめん?

今日の夕食に出てきた一品。
久し振りに見たし、
これからもそうそう簡単に
目にしないか、と思いブログネタに。

CA322688.JPG
みなさん糸かぼちゃは(ソーメンかぼちゃとも
きんしうり(金糸瓜)とも呼ぶ)知っていますか?
私もずいぶん前に食べた時、「何これ」
と聞いて、糸かぼちゃだと教えて
もらったのですが、
教えてもらってから結構な年数が
立っているのに、
いまだに普段あまり見かけない野菜ですね。
写真はただ茹でただけの状態。
これから料理して火を加えても
このままのシャキシャキ感です。
CA322689.JPG

調理は真中の種の部分を取り除いてから輪切りにして
熱湯で10〜15分位茹でます。
そうすると中から麺のような細長い果肉が自然にほぐれてきます。
かぼちゃの中身がヌードルのようになっているというのが
ちょっと想像が出来ないですよね。
茹で過ぎないようにして、冷水にさらし、ザルで水を切ります。
黄色というか透き通った色の黄色。むしろ
春雨を黄色く着色すればこうなるかという感じ。

私は主にポン酢で食べますが、三杯酢やめんつゆでもイケルでしょう。
何の味、といったら何の味もしません。
辛くない大根を千切りにしたようなのが一番近いかな?

春雨の代わりにもなるでしょう。
青ジソドレッ シングとかでもイケルし
酢の物や挽肉と炒めてもイケル。

ここまで読んで、なんでそんな味のないもの食べなきゃ
ならんの?って思いましたか?
でも味はどうでもいいとはいえませんが春雨だって
フカヒレだって味あるかって聞かれたら
答えに詰まるでしょ。
この糸南瓜の場合はシャキシャキ感がすごく良いんです。
素材の味がない分、
レパートリーは広いんじゃなかろうか?

一応、東北でも作られていますが、
九州や四国地方、山形の庄内地方が
有名産地になるらしいです。

スーパーではまず、見かけませんので
産直や道の駅などに行ったら
くすんだ白い細長い瓜状のかぼちゃを
探してみてくださいね。


コミックセット1000

消臭寝具エコキメラ
posted by ESE 青森からこんにちは at 22:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 野菜、果物、畑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月29日

今、畑には

この前、大根の収穫が終わった後、
白菜も全部収穫してしまったので
今、畑がどうなっているかと言うと
CA322639.JPG

こうなってます。

藁(ワラ)ばっかりで
何だかわかりませんか?

良く見ると
穴から芽が・・・。
CA322640.JPG

これは玉ねぎの苗

玉ねぎは初めて育てます。

藁(ワラ)は人に聞いた工夫。
こうすれば風よけ、寒さ対策になるって
いう話だけど、
こういう畑、見たことないんだけど、
本当かな?



posted by ESE 青森からこんにちは at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 野菜、果物、畑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月20日

白菜の浅漬け

なんか、青森では今の時期の漬物って
いったら“葉くるみ”のようですが・・・・
私の経験からいってどうも葉くるみは
津軽の漬物であって
南部ではそれほど
大量に生産や消費をされていないように
思います。

私は八戸、三沢、十和田、青森市の各市に
住んだことがありますが、青森市でしか
お目にかかったことがありません。

青森市以外では売っているのを見かける
程度ですが、青森市では知人の家に
いくとその家で漬けているのを見ます。
家庭レベルまで浸透しているのは
青森市だけ、他は商業ベースで考えて
探せばある、という程度の漬物。
でも酒粕が入っているので私は好き。

我が家では白菜の浅漬け。


これがそんじょそこらのものとは
一味違います。
だって、これ、我が家で育てた白菜で
我が家で漬けた白菜の浅漬けだから(*^。^*)

(作り手は私ではありませんので
あまり大きなことは言えませんが)
CA322564.JPG
工夫は柚子の皮の細切りが入っていることと、
トウガラシが市販の細かく刻んだものではなくて
おおきくブツ切りにしてある所。

CA322563-1.JPG
これ、
食事後に撮ったからこんなに減ってるけど、
この漬けてる容器の上までありました。
それがたった一回の食事でこれだけ
減ってしまうほどにおいしかったんです。
塩加減も良い。柚子の風味は強すぎず、
軽くフッと爽やかな感じで通り抜けて
いく。そして唐辛子でパンチの利いた
味がきてガツンとやっつけられる。
汗が吹き出し酒がうまいったらありゃしない。


雪も降ったし、明日は
畑に残っている白菜を
もう収穫しなきゃ。

この間、霜がおりた時に大根は
もう全部抜いちゃったんだけど、
あのヒネリン棒の大根に気を奪われて
車にいっぱいにつんだ大根の写真を
撮るのを忘れてた。
我が家は農家ではなくて普通のサラリーマン
なので軽トラックではなくてごく普通の
乗用車の後部座席いっぱいに大根を
積んで走っていたのは後続車から
みれば異様な光景だったかも。
結構インパクトある画だったと思うが
写真とらなくて失敗した。
あまり場違いだと畑泥棒だと思われてたりして・・・
('_')

ラベル:白菜 浅漬け
posted by ESE 青森からこんにちは at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 野菜、果物、畑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月14日

このヒネクレモノ!!!

今週は大根を掘ったり、
干したり、
赤カブを漬けたりと
大忙しです。

CA322536.JPG

大根を掘っていたら
こんなモノが!

CA322532.JPG

CA322533.JPG

CA322534.JPG

CA322535.JPG

グルッと一回転しているのが
わかりますか?

変形大根はよくみかけますが、
ここまでのものは初めて見ました。

飾っておきたいけど、
それが出来ないからな〜


posted by ESE 青森からこんにちは at 10:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 野菜、果物、畑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月24日

大根

わりと大根を掘るのはむずかしくありません。
結構大きく育っていれば
ちょうどむんずと掴めるくらいに
肩の部分が土からもりあがってきているので
そこを掴んで上に引き抜けばいいだけですから。
CA322477.JPG


(よっぽど中で変形してれば別だけどね


今日は大きく育っている大根を12本だけ収穫しました。
あとはもっと大きくなぁれ、という思いで
畑に残してあります。
毎日、それこそ、日々、成長が見てとれるので
かわいいったらありゃしない。
自分の子供は見た目じゃ成長しているか
どうかわからないし、背ばっかり
ヒョロヒョロ伸びてもそれも又ね。
心の成長は見れないし。

一言だけ言いたい。
俺はお前ら位の年代には
もっと本を読んでいたぞ。
でも、
TV番組で歌番組をまったく見ないのは
ちょっと不安。
俺でも歌のベスト10や、歌のトップ10は見ていたぞ。
そんなんで学校の友達の話題に
ついていけるのか?

親としての不安は尽きない・・・。


posted by ESE 青森からこんにちは at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 野菜、果物、畑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月03日

今年も菊ができました

今年は菊のお世話をしなければならない
時期に父親が南部町の病院に入院してしまい
そっちへ行くのに時間をとられて
結構ほったらかしになっていたので
去年よりちょっと品質が悪いようですが、
PAP_2399.JPG
まぁ、売り物ではなくて
自家消費用なのでよしとしましょう。
CA322395.JPG
菊は色々な食べ方がありますよね。
なめこと合わせて酢の物にしたり、
味噌汁にしたり、天ぷら、くるみあえ
アイデア次第で何でもできますが
今日はシンプルにおひたし。
里芋(これは買ってきた)
と一緒にいただきます。
CA322394.JPG

母が家でとれた野菜で小包を作っていました。
東京に住んでいる姉のところに送ってやるのだとか。
いんげん、ズッキーニ、にんじん、
生菊、枝豆、じゃがいも、

素人が作っているわりには種類があるほうですよね。
まだ畑にはキャベツ、大根、白菜があります。
休みの日も畑で腰が痛いっス。
完全無農薬野菜を食べるのも楽じゃないです。
でも、今日とってきた野菜を
(特に枝豆とかとうもろこしは顕著)
今日食べることができるのは生産者ならでは。
お金を払って買ってきている野菜にはない
ある意味最高の贅沢をしている、とも言えます。

posted by ESE 青森からこんにちは at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 野菜、果物、畑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月30日

8月29日嶽きみの収穫へ♪

みはる農園から案内がき来てた
嶽きみのおいしくいただける
収穫期間29日〜31日の
3日間ということで、
29日に弘前まで行ってきました!

畑仕事は午前中が基本。
朝、子供を学校に送り出した
あと、かなり大雑把な
地図を頼りにいざ、出発。

近くについてからが
ここいら辺りだけど、
どこだってかなり
迷いましたが、
何とか到着。

CA322255.JPG
見渡す限りのとうもろこし畑
CA322273.JPG
受付の方にオーナー証明書を見せ、
2坪内にある嶽のきみの収穫開始。
CA322259.JPG
でっかい。

CA322258.JPG
ボキッボキッと、
面白いようにとれます。

CA322272.JPG
結局74本取れました。

帰り道、信じられない程の集中豪雨。
とうもろこしを取ったのは
ほとんど奇跡的なタイミングの晴れ間
だったんですね。

1坪見込30本ということでしたので
それよりも14本も多くとれて、
大漁大漁と喜んでいましたが、
それからが大変。
採りたてがおいしいのは基本。
では、我が家だけで消費できるはずもなく、
どこの家にどういう配分をするかで
かなり迷いました。
アパートの下の住人や友達の家や親戚に
配って歩いて全部終わったの夜9時を
すぎてました。

とりあえず、くばって歩いた
方々は「嶽のきみ、貰う、貰う」
と、どなたも遠慮なさらず
あっさりと貰ってくれました。
貰ってくれないとこっちが
困るのでそれでいいのですが、
中にはこれ、おいしいよね、
去年はネットで注文した位だもん、
という人もいて
改めて嶽きみの人気の高さを
実感。

いくら割安になるからって、
来年は自分達用に1坪だけで
いいやって、
ようやく気がつきました。

CA322264.JPG
とうもろこしでV



posted by ESE 青森からこんにちは at 22:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 野菜、果物、畑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。