2009年06月30日

八戸 神明宮 『茅(ち)の輪くぐり』

 本日、6月30日は一年の半分過ぎた日ですね。
一年といわず、半年で厄を払いたくありませんか?

八戸中心街から徒歩で数分の所にある神明宮では今日と明日「茅の輪祭り」がおこなわれています。
TS3I0606.JPG
本日の深夜に日付が変わると、参拝客は「茅の輪」をくぐるという行事で全国津々浦々の神社で6月30日に行われる大祓い(おおはらい)の行事に由来します。
この半年の間に溜まった罪や穢れをはらい、残りの半年の無病息災を祈って行われるこの行事。

盆踊り大会があったり、所狭しと屋台が並び、活気に溢れています。
ここいらあたりは普段ものすごく静かなのでビックリするほどの賑わいです。
TS3I0605.JPG

TS3I0600.JPG

TS3I0601.JPG

肝心の茅の輪は神事を終えてから午前0時に飾られるということで
まだ、くぐれませんでしたが浴衣のおねいさん達がいっぱいいて華やかでした。
090630_1806~01.jpg
明日もまだ、茅の輪をくぐれるようです。

祭りはカヤで作った小さな輪を腰に下げ、疫病などの災いから免れたとの故事に倣い、約150年前から続いており、昔から「神明様の茅の輪くぐり」として親しまれています。

私の母に聞いたら、自分が子供だった頃は明かりをアセチレンガスで灯していたのでアセチレンガスの匂いが自分にとっての神明様のお祭りだ、ということを言っていました。
私には知る由もないことですが、ブログでは写真を載せることはできても匂いまでは無理ですからね。
何の記事でもそうですが、興味を持った方は、実際に自分で体験してみることをお勧めします。
TS3I0597.JPG

ちなみに「茅の輪」が何かと言うと、茅萱(チガヤ)と呼ばれる植物を束ねて作ったもの。
茅ガヤはイネ科の植物。昔の萱(かや)ぶき屋根の材料ですね。

この記事を書くにあたって資料を探しておりましたら、
私の「青森からこんにちは」のブログをリンクしてくださっている「タッチの 楽写空間」さんの去年の「茅の輪くぐり」 の記事がありましたので文字の部分を
リンクしておきます。こちらの記事には茅の輪をくぐるシーンの写真が
貼られているので、より雰囲気がわかると思います。

この記事を見てまだ深夜になら間に合う人はこれからでも行って見てはどうですか?
一番に茅の輪をくぐればドコかのTV局か新聞社が取材に来ていることは請け合いですヨ。



posted by ESE 青森からこんにちは at 20:22| Comment(4) | TrackBack(0) | 青森の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
行こうか行くまいか悩んでいましたが、明日の仕事のために行きません^^  茅の輪くぐりのリンクありがとうございます。  私も久しぶりに自分の気の写真を見て行きたかったなと思っているしだいです。  長浜ラーメンの記事のコメ2重になってしまいました。一つ削除お願いします。  下の鳳凰のラーメン屋さん、職場でも話題になっております。私も今度行ってみます。。。
Posted by TACHI at 2009年06月30日 23:58
TACHI さん、非常に素晴らしい写真があって、私の拙いブログでは伝えきれない部分をカバーしていただきました。ありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。by ESE
Posted by ESE 青森からこんにちは at 2009年07月01日 00:14
こんにちは♪
こういうイベントやってるんですね〜。
知りませんでした。
この頃八戸方面行く事が度々あるんで今度はぜひやってみたいなと思います♪
いっぱいたまった罪や厄を落としたいです・・・^^;
重くて腰も膝もガクガクです(笑)
Posted by ジャミン at 2009年07月03日 11:49
ジャミンさん、こんばんは♪
行事ごとってタイミングがあわないと中々ね〜。でも知らないよりは知っていれば自分の行動の中の選択肢になりますから、我々ブロガーの情報発信基地としての意味があると思います。所で、梅酒、こうやればうまくいくのではないのかな?っていう私のアドバイスは見ていただけましたか?
Posted by ESE 青森からこんにちは at 2009年07月03日 23:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。