2009年12月31日

正月飾り かけとしな

今年も各部屋の前に飾りました。
かけ年縄
TS3I1601.JPG
各部屋にはお供え餅とお神酒。
TS3I1602.JPG
11個用意。
TS3I1594.JPG
おせち料理
一の重は煮豆
二の重は紅白なます
三の重は栗きんとん
(決まりごとがあるわけではありません。
今年の我が家で作ったもの、というだけです。)
TS3I1592.JPG


TS3I1595.JPG
数の子などの縁起物を用意して
TS3I1604.JPG

TS3I1596.JPG
蟹などのご馳走。

甘い栗の甘露煮が入った茶碗蒸しは
今年はうちの娘達が私の母の指導で
作りましたので少しスがはいりましたが
はじめてにしてはまぁまぁの出来。
TS3I1597.JPG

ご先祖様もどうぞお召し上がりください。
TS3I1598.JPG



TS3I1600.JPG
年越しそばで〆。

皆様、今年一年お世話になりました。

来年もどうぞ、よろしくお願いいたします。

今年は1年365日全部記事で埋まりました。
皆さまのコメントのおかげです。
ありがとうございました。

来年は少し、仕事で必要な資格なども
とらなければならないので
記事更新は365日とはいかなくなります。

休むことやコメントの返信が遅れることもありますので
ご了承くださいますようお願い申し上げます。

皆さま、良いお年をお迎えくださいませ。

By ESE(イーエスイー)
posted by ESE 青森からこんにちは at 18:58| Comment(6) | TrackBack(0) | 青森の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月30日

お餅をつきました

と、言っても杵と臼ではなくて
餅付きマシーンを使って、ですが。
TS3I1587.JPG
もち米がお餅に変わっていくのに見とれて
途中の写真取ってなかった。
TS3I1588.JPG

posted by ESE 青森からこんにちは at 22:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月29日

口取り菓子

年末年始、青森県民が普通に食べる物で
「口取り」という物を
みなさんご存じでしょうか?
PAP_1581.JPG

PAP_1580.JPG

PAP_1583.JPG
餅菓子(あんこ入り)だったり、
練り切りで、とにかく甘い。

テレビで北海道民が大晦日に、
口取りを食べて 新年を迎えるとかって
やったという話を聞いて、
青森にもあるけど。と思った次第。

お正月が近くなると、こうした
色とりどりの海老や果物をかたどった
口取りがスーパーに並びます。
PAP_1586.JPG
正月の風物詩と思っていたので、
北海道、青森以外には無いと知って
ちょっと驚いています。
PAP_1582.JPG
北海道、青森のお正月は
歳取り=年取りで=ごちそうを食べる。
という図式であり、
大晦日の料理が年越しそばくらい、なんて
そっちのほうが信じられないことです。


ラベル:口取り
posted by ESE 青森からこんにちは at 23:23| Comment(6) | TrackBack(0) | 青森の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月28日

忘年会シーズン

今日は会社の予算で飲み食い出来るということで・・・
TS3I1576.JPG

付き合いで参加なので
一次会だけで退散しますが、

その中のメンバーに
見たことのある顔がいて・・・・


誰だっけ?

と無い頭をフル回転させて
おりましたら、

むこうから声を
かけられました。
「よう、俺、おまえの、ねえちゃんの同級生だったよ。
おまえの家にも1っ回遊びに行ったことあるけど、
覚えてるか?」
と聞かれ、あぁ、そういえば、
こんな顔の人いたなぁ、と
25年?くらい離れた
ミッシングリンクを繋いだのでありました。

自分の同級生ならわかっても姉の
同級生まではわからんわ!
TS3I1572.JPG
でも、名刺を貰って、
大工さんだということで、
家の修繕とかあったらよろしく
頼む、とか言われたら
今まで大工に知り合いが
いなかったから、何かあれば
彼に頼むことになるのかな?
TS3I1571.JPG
名刺交換、意味あったんですな!



posted by ESE 青森からこんにちは at 21:49| Comment(4) | TrackBack(0) | 食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月27日

青森市の激安ラーメン2

前回、紹介した鶏骨ラーメン200円より
安いラーメンはたぶん存在しないと思います。
(あったらすいません。逆に教えてください)
では、なぜ、今回もラーメンを紹介するかといえば・・・

先に画像をも見ていただきましょう。
TS3I1567.JPG
ラーメンにキャベツのサラダ、
おにぎりに大根、漬物

この写真を家内に見せて、
ミニラーメンじゃないよ、普通サイズの
ラーメン、で、コレでいくらだと思う?と
聞いてみました。
「980円位じゃないの。」
との返事。常識的なお答えをどうも。

実はこのセット、

驚愕の450円exclamation×2

なのです。

以前、青森の安いラーメン屋さんと
言われてまっさきに思いついたのが
こちら、焼肉・ラーメンの ありらんさんでした。
TS3I1563.JPG

以前、まだ、ブログを書き始める前に
TS3I1564.JPG
ラーメンが400円か、で、おにぎりが100円ね、
ん?まてよ、ラーメンおにぎりというメニューが
あってそれは450円ってことは
セットになって50円お得になったってことね、
という解釈で注文したらラーメンやおにぎり以外
にもたくさんお盆に載っていておったまげた1品。

TS3I1568.JPG
ラーメンは後をひく味の醤油ラーメン

もう何年も行ったことがなかったから
(焼き肉はもっぱらスタミナ太郎にばっかり行ってたから・・・)
メニューの値段が上がっていないか心配していましたが、
以前と変わってなくてホッとしました。

ちなみに今回はふろふき大根でしたが、
以前食べた時はたしか目玉焼きだった気がするので
その時にある材料であと1品は変動するようです。
TS3I1565.JPG
定食は550円〜650円なんですが、
ごはんは2杯までおかわり可、
味噌汁にいたってはお代わり自由です。
他のメニューもかなり値段を考えれば
コストパフォーマンスの良いお店です。
TS3I1569.JPG
入ったことはなくてもこの看板を見たことの
ある人は多いのではないですか?
松原の生協の隣にあるので駐車場には困りません。

ラーメン・焼肉 ありらん

青森市松原3丁目9−21
017-774-7303
posted by ESE 青森からこんにちは at 20:31| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月26日

八戸 沖野商店 煮玉子

「今度、青森市に来る時に八戸市の煮玉子買ってきて。」
と家内に頼まれた。

沖野商店の煮玉子ね、と言う。

「沖野商店って、あの白銀にある
小さなお店のことか?何で知ってるんだ?
あそこは看板出してない筈だけど。」

「前にTVでやってた。おじいさんと、おばあさんで
やってるお店で1日千個も売れるんだって。
たまごの殻をむくのが、もの凄く速いのを撮影してた。
値段も1個30円だっていうし一度食べてみたいから。」
DSC04611.JPG
知りませんでした。
いや、お店の前は数え切れな程何回も通ったことは
あるけれど、そんなに有名なお店だとか、
1日に数千個も売れているとは思いもよりませんでした。
だって、本当に小さな小さな、外見では
お店が開いているかどうかさえわからないような
そんなお店が、八戸を代表する煮玉子のお店だったなんて・・・・
あまりにも昔から見すぎていて景色と一体化していて
そんなすごいお店だったとはつゆ知らず。

検索したら“食べログ”にまで載っているじゃありませんか。
詳しいレビューは食べログに書かれているのを
見たほうが伝わるかも。
(食べログはリンクしていいかどうか
わからないのですが、記事無断転載禁止なので
念のため、リンクはしませんので自分で
検索をかけてください)
DSC04613.JPG
甘辛く煮込まれた煮玉子、
このしょっぱそうな色がまたそそるんだ。
うーん、良い香り。
DSC04614.JPG
ホックホック・・・美味

日本人なら誰でも好きな味じゃないでしょうか。

もう店主も奥様も高齢で膝が痛くて駄目だ、と
おっしゃっていましたので、いつまでお店を
開いているかわかりません。

場所はこの前書いた記事の魚群から学校の横を通って
200m位でしょうか。
ココもビッグハウス湊店に車を
停めることをお勧めします。
ラベル:煮玉子 沖野商店
posted by ESE 青森からこんにちは at 11:30| Comment(4) | TrackBack(0) | 特産品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月25日

豆しとぎ

クリスマスには誰もアップすることはないであろう
食品をチョイスしてみました。あまのじゃく(笑)
DSC04603.JPG
「豆しとぎ」とは
大豆と米粉をつぶして混ぜたもの。

青大豆のつぶつぶの食感を生かした
シンプルなおやつ。

そのままだと素朴な味わいで、
今風に仕上げるには
1分間揚げたり、フライパンに
バターを少々入れて軽く焼くと
香ばしくてつまみにもなります。

青森県の中でも南部地方の特産ですね。
ラベル:豆しとぎ
posted by ESE 青森からこんにちは at 21:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 青森関連商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月24日

青森萬四十茶

青森萬(よろず)四十茶
そば茶風味の青森の食材だけで作られた
お茶はもうスーパーで見かけたことは
ありますか?
DSC04605.JPG
青森市の夏井田地区の北早生そばをベースに
県内40市町村の特産品40種をブレンドして
作ったというもの。

こだわりについてはこちらから、
という
http://marugoto-aomori.com/
というアドレスを打ち込んでいて、
あれ、こらはもしかして
まるごと青森
のブログに飛ぶのかと思ったら違ったあせあせ(飛び散る汗)
もっとも「まるごと青森」のブログを書いて
いる人達も関係ないとは言えないのだろうけど・・・・
知ってい人は知っている・・・

上のHPに行けば書いてあるけど、
是非紹介したい
青森萬四十茶材料一覧(市町村毎)
市町村名 / 材料名
【市】
青森市 北早生ソバ(※)、カシス
弘前市 とうがらし(清水森ナンバ)
八戸市 モロヘイヤ
黒石市 黒米
五所川原市 しじみ
十和田市 ねぎ
三沢市 はまぼうふ
むつ市 一球入魂カボチャ
つがる市 小麦
平川市 りんご
【東津軽郡】
平内町 椎茸
今別町 ヤーコン葉
蓬田村 よもぎ
外ヶ浜町 ダッタンソバ
【西津軽郡】
鰺ヶ沢町 とうもろこし
深浦町 雪下にんじん
【中津軽郡】
西目屋村 小豆
【南津軽郡】
藤崎町 シソ
大鰐町 大鰐温泉もやし
田舎館村 玄米
【北津軽郡】
板柳町 黒豆
鶴田町 ぶどう(スチューベン)
中泊町 ハト麦
【上北郡】
野辺地町 カワラケツメイ
七戸町 アピオス
六戸町 ゴボウ
横浜町 なたね
東北町 長芋
六ヶ所村 大根
おいらせ町 エゴマ
【下北郡】
大間町 ばれいしょ
東通村 ブルーベリー
風間浦村 ふのり
佐井村 昆布
【三戸郡】
三戸町 ガマズミ
五戸町 梅
田子町 ニンニク
南部町 さくらんぼ
階上町 どくだみ
新郷村 アマランサス
(※)北早生ソバは、青森市の夏井田地区のソバで味のベースとした材料。

前から思っていたんです。
色々な特産が増えてきたのは
いいけど、形や見栄えが良くない
ものの使い道はどうなるのかを。
飲料なら形、サイズ、見栄えオールナッシング。
中々良い素材活用法だと思っています。
ラベル:青森萬四十茶
posted by ESE 青森からこんにちは at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 青森関連商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月23日

小ネタ2

今日は小ネタなので2つ目

エレベーターに乗って
行き先の階を間違えて押してしまった人がいて、
「しまった、3Fをおしちゃった、みんな、ごめん、4Fだった」
と謝っている人がいたので、
私が光っている3Fのボタンを解除してあげました。

えっ、どうやったの??

と、不思議がられましたが、
別に不思議でも何でもない、
間違った階のボタンを2回押しするだけです。

4Fに行きたくて3Fをおした後、
正しい4Fのボタンを押し、3Fの
ボタンをピッピッとテンポよく2回押しすれば
3Fのボタンの光は消えます。

知っていても役に立つかどうかはともかく、
知っていて、損は無い知識ですし、
簡単で誰にでも出来るし、簡単ゆえに
忘れにくい知識です。

お役立てください。

ラベル:エレベーター
posted by ESE 青森からこんにちは at 17:05| Comment(8) | TrackBack(0) | ちょっとしたこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

違い

今日は葬式に行かなければならないので
忙しいので小ネタで・・・。

昨日の記事で「叔父さん」、「伯母さん」という
言葉を使っていますが、

「叔父さん」と「伯父さん」、
「叔母さん」と「伯母さん」、
の使い分け、わかりますか?

正解は
「伯父さん」と「伯母さん」=父母の兄、姉の場合
「叔父さん」と「叔母さん」=父母の弟、妹の場合
なんです。知ってましたか?

ちなみに他人の
近所のオジさん、とか、オバさんって言う
場合は小父さん、小母さんなんですが、
志村けんの
「変なおじさん」はひらがなで。(笑)
posted by ESE 青森からこんにちは at 10:50| Comment(4) | TrackBack(0) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月22日

今日食べた折2

八戸の“沼周”の折
TS3I1559.JPG
ついこの前、叔父が亡くなって
受付を頼まれたばかりだったが、
また今度は伯母の旦那さんが亡くなって
明日、受付を頼まれました。

葬式4は書きません。
(最近、調べ物をしたくて
検索をかけると自分のHPがHITするように
なってきた。私が調べたいことに対して
私のHPが出てきても意味無い!!)
posted by ESE 青森からこんにちは at 22:55| Comment(1) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月21日

カーカーカー キーキーキー

TS3I1558.JPG

雪が降るとカラスも大変だ。
TS3I1553.JPG
12月に青森市で60数センチの雪って4年振り?5年振り?

posted by ESE 青森からこんにちは at 22:55| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月20日

青森市最安値ラーメン

いつも八戸の安いラーメンを書いているので
今度は青森市の安いラーメン屋さんも紹介して
欲しい、というリクエストをいただいておりました。

今日は青森市最安値ラーメン(だと思う)
を提供しているラーメン屋さんを紹介します。
DSC04599.JPG
ココは青森市は観光通を雲谷に向かって走り、
三叉路を左に入ってすぐの場所にあります。
DSC04601.JPG
ズバリ
鶏骨(チータン)ラーメン200円!!

私は200円ラーメンを3つ知っています。
ひとつはラーメンのスープと麺のみの
具無しラーメン。
もうひとつは定食屋さんで出されている
市販のラーメンを業務用スープで出して
いるお店。それはそれでその値段は評価
出来ます。

が、

ラーメン屋で、具入りの
(小さい器に入ったお試しラーメンとかではなく)
ちゃんと一人前のラーメンで一番安いのは
ココだと思っています。
DSC04602.JPG
スライスされた玉子は味が染みている玉子です。

わかめやもやし、鶏肉も入って200円は最強。
DSC04600.JPG
このお店、豚骨ラーメンも280円!

普通、どのラーメン屋さんでも
注文を受けたものを書いた
伝票をおいていくじゃないですか。
アレが印刷された決まった
フォーマットのものではなくて
チラシの裏紙を使って手書きをするなどして
コストカットをしているお店です。
無駄とりが徹底しているので
当然お水はセルフサービスですが、
ラーメン代が200円や280円なら
水くらい喜んで自分で汲みますわ。

ほかの焼干しラーメン500円とか
五目ラーメン700円は普通なのに
なぜか骨系のラーメンは極端に安い。

ラーメンの流れは着実に
1000円ラーメンに
流れていっていますが、
そんな時代にその1/5の
値段でラーメンを提供しているお店が
あるってのは嬉しいじゃないですか。

しかも、安いラーメンって醤油ラーメンって
相場は決まっているけれど、
鶏骨ラーメンって骨じゃなくて鶏肉まで
入って嬉しいお値段です。
あまり、はやってしまうと
この値段でなくてもやっていけるのでは
ないかと思われてしまいそうで
今まで発表してなかった隠し玉でした。

だから場所は内緒ね。

場所 内緒
ただし、三叉路を右に行くと別の店が
あるのでお間違えのないように。
posted by ESE 青森からこんにちは at 22:43| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月19日

まったく身に覚えはありませんが・・・

本場の韓国海苔が送られてきました。
しかも結構な量が入っている。
送り主はコスモホールディングス。

韓国の投資会社になんか、
これまでの人生において何か接点があったことなど、
一回もないんですがね。

しかもかなり話がおいしすぎて
どうも胡散くさい。

50万円からの投資が可能で、毎月配当金を貰うタイプなら、
月3,125円、年7.5%の確定配当があります。
13ヶ月預けて利息を一括で貰うタイプならなんと
4万6041円も貰えます。
これだと年8.5%の利回りとなります。

ってすごい話ですね。でも残念ながら
私には預ける為の種銭50万円・100万円なんて
大金はありません。

もっとお金のある人に送ってくださいね。

一応ネットで検索をかけたら
20年の実績のある企業で
日本でも11年事業をしているという
ことで一応まともな会社らしいが

まともだろうとまともじゃなかろうと
今は私からお金を引き出すのは
不可能です。何もないんだから。
それはそれでなさけない話なんですがね。ふらふら
posted by ESE 青森からこんにちは at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月18日

さすが三越

お歳暮をいただいたのですが、
住所不明で戻っていったとのこと。
DSC04596.JPG
引越し後、
郵便局には転送してくれるように手続きを
とっていたが、宅配便までは考えていませんでした。

と、いうか、お歳暮をいただける程、
親しい方には新住所を教えておけって話ですが・・・
DSC04595.JPG

DSC04597.JPG

生ものではなかったので幸運でした。
お蔭様で家族で美味しくいただいております。
posted by ESE 青森からこんにちは at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月17日

マルちゃん味噌カレーミルクラーメン

去年にも発売されましたが、今年はリニューアルされて
さらに美味しくなって新登場しました。

日本うまいもん マルちゃん味噌カレーミルクラーメン
TS3I1531.JPG
青森のソウルフードと呼んでも過言ではなくなった
「味噌カレーミルクラーメン」
(本物は味噌カレー牛乳ラーメンですが、
カップ麺は牛乳ではなく、粉乳を使用しているため
牛乳とは呼ばずにミルクと呼んでいます)

去年の記事はこちら

去年との違いはバター風キューブがなくなったこと。
(だからといってバター風味がなくなった訳ではない)

そして、バリシャキの「もやし」が入ったこと。

誰かのブログで本物に近付けるための技として
軽く炒めたもやしをいれることう推奨してましたが
今年は最初からそれが入っているんですね。

そして、去年味噌カレーミルクラーメンの記事を
アップしたブロガーさん(私を含めて)一様に
推奨していた食べ方、最後に牛乳を入れるとさらに
美味しくなる、と書いていましたが、
今年はそれがパッケージに記載されました。
TS3I1534.JPG
熱湯5分とインスタントにしてはかなり
長いこと待ちますが(たかが2分多いだけですが・・)
待つ価値は十分にあるお味です。

牛乳投入は食べたことのある人の間では
常識でしたから、今度は「納豆投入」や
「ごはん投入」もそのうちにパッケージに
記載されるかも・・・(笑)

ちなみに牛乳は温めたほうが
違和感を感じません。
あまり多くいれすぎるとちょっと
味が薄まってしまいますので
好みにもよりますが、せいぜい
50ml位までではないですかね・・。
いえね、あくまで私の見解ですから
自分のお好みで好きなように
お食べくださいナ。

作り方
パッケージの中からすべての具材をとりだし、
もやしを入れる(においがいいワ。これだけで食べたい・・)
TS3I1537.JPG
ココで間違ってはいけないのが粉末スープ。
たいていのカップ麺で最初にいれるので
つい最初にいれたくなるが、ぐっと我慢。
ここではまだ入れません。
TS3I1538.JPG
かやくを入れてお湯を注いで5分
TS3I1540.JPG
その間、ふたの上で後入れスープを温める。

5分経過後、
TS3I1543.JPG
粉末スープ、
TS3I1545.JPG
液体スープを投入。
TS3I1547.JPG
出来あがりです。
カレーとバターの匂いで悩殺されそうです。
TS3I1548.JPG
一口食べてまいう〜。

やっぱり美味しい。期待を裏切らないお味でした。

希望小売価格260円です。
家庭で手軽に本物に近い味で
食べられるカップ麺として安いと
思います。
マルちゃんや日清のほうが
麺をつくるのが「例の本物志向にこだわっているあそこ」
に比べてうまいかも。
posted by ESE 青森からこんにちは at 23:56| Comment(6) | TrackBack(0) | 青森関連商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月16日

魚群

以前、記事にしたこともある「やだら」(過去記事リンク)
の姉妹店ってことで、他のブロガーさん達からは
ちょっと出遅れた感はありますが、行ってまいりました。

場所は、昔、ユニバース湊店がビックハウスに変った所というか、
湊中の前というか、なかなか狭い道路なので
無理せず、ビッグハウスに車を停めたほうが
無難かな。

「やだら」の売価設定を考えると姉妹店も
同じ位の売価設定だろうな?と思い、
7〜800円を想像しながら発券機の前に立つと
オニイサンが飛んでいて説明してくれる。
TS3I1525.JPG
注文は

「にぼりゅうしょん」700円にも後ろ髪をひかれつつ、
ここは「ミスターアゴ」で。ええい、煮玉子もつけちゃえ。
で、650円+100円=750円。

待っている間の暇つぶしの雑誌とか新聞とか
おいてないんだ、と店内をきょろきょろ見回して
いたら、すぐに出てきました。これは確かに暇つぶしは
必要ないかも・・・。
TS3I1526.JPG
自家製麺とのことでしたが、
麺が細っ。これだけ細ければ確かにゆで時間は短いでしょうね。
チュリチュリっていう表現がぴったり。
縮れ具合がすごいのでスープがよく絡んできて
美味しいです。
TS3I1527.JPG
この細くてひらべったい麺の食感、何かに似ているな、
と思ったら、チキンラーメンでした(笑)
いや、馬鹿にしてませんよ。
面白い食感なのにどこか懐かしい感じを受けたので
ちょっと考えたらたどりついた答えがそこだったってことだけです。
あくまで食感だけです。もちろん味はこちらが上でしょう。
インスタントに負けてられませんよね。

麺が少ないのですぐに食べ終わりそうだなと
思っていたら、替え玉無料ですよ、どうですか?って
聞かれたので、そのタイミングでじゃあ、今、それください、って
言ったら少し慌てていました。

おまえ、さっき食い始めたばかりじゃないか?何でそんなに
すぐに替え玉を注文するんだ?って思ったのかどうかは定か
ではありませんが・・・・私は割と早食いのほうなので・・・。

別の丼で替え玉を出してくれました。これは嬉しい。
替え玉頼むと一段低い所にカウンターがあると
TS3I1530.JPG
ドボンと入れられるのにちょと抵抗があったのだけれど、
何だ、コレでいいんじゃん。とちょっと目からウロコ。

最初は、これだけなら足りないだろ、と思ったのですが、
替え玉を頼んだら何か予想以上にお腹がいっぱいに
なりました。

替え玉を最初からしてもらう想定で、最初の玉は
替え玉よりもg数が少ないのではないだろうか?という
疑念をぬぐえません。

ま、おいしければそれでいいんですがね。

で、味玉も味が染みていて黄身が黄金色をしていて
黄色く粉っぽくなっていなかったのでなかなかのレベルの高さを感じ
させてくれたお店ではありました。

なるほど、魚群っていうだけあって魚介系だな、
と思わせるスープ。
かなり強めの縮れ具合がスープを
良く絡ませて麺とスープのハーモニーを
感じさせてくれる所とか、
良い面はたくさんあります。

ただ、ちょっと気になったのは
やだらでは面白さがありました。
面白さっていうのは軸がしっかりしていて
はじめて後づけで装飾したものが
面白いって思うような感じのものなので
今はまだ、魚群には軸しか無いって感じでしょうか。

表現があいまいですいません。
まだまだ進化してくれる余地を残して
いるラーメン屋さんだと思われるということです。

次回はにぼりゅうしょんも是非試してみたい
お店ではありますね。
TS3I1524.JPG
住所:八戸市港町湊町字油久保6-3
TEL:0178-35-2128
営業時間:平日1100〜1500 1700〜2000
    :休日1100〜2000
定休日:火曜日
ラベル:魚群
posted by ESE 青森からこんにちは at 23:38| Comment(6) | TrackBack(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月15日

年賀状

年賀状をようやく書き終わりました。って言っても
パソコンで印刷しているんだけどね。

でも、毎年、私のパソコンで両親の分も印刷をかけているので
かなりの枚数になるのです。

今年は自分の分も仕事が変わったことで
挨拶をしなきゃならない方がたくさんいるので
今年は合計300枚の印刷をかけました。

裏面は、まぁ、みんな同じでいいとしても、
住所が一人ひとり違うでしょ。

300枚書くと当然、インクもなくなるし。

親戚関係には両親とは同じ絵柄は使えないし。

ハードだった。

ところで、年賀状っていつまでに出せばいいかを
知っている人は多いですよね。
12月24日までと言われていますが、県内なら
暮れが、かなり押し迫ってきていても
割と届くもの。

では、いつから出せるか知ってますか?
12月15日からなんですよ。
まぁ、よっぽど間抜けな郵便局員でないかぎり、
それの前に出していても止めておいてくれるとは
思うのですが、私は過去、その間抜けな局員に
あたったことがあって、友人から
「おーい、○○(私)、今日、まだクリスマスなんだが、
おまえからクリスマスカードじゃんくて年賀状が
届いているぞ、と言われた時の恥ずかしさったらなかったですよ。

お役所仕事ってこういうことをいうんだなって思ったけど、
今は民営化されて変わったのだろうか?

おまけで、いつまで年賀状を出せるかですが、
普通は松の内と呼ばれる1月7日まででしょうね。
ま、年賀状が余っても懸賞とかに出すのに使えるし、
余る分には問題はないんじゃにですか。

で、もうひとつおまけに、
年賀状は印刷されたものを買ってくることも多いですよね。
これ、余ってしまったら懸賞にも使えません。
どうしますか?

実は1枚5円の手数料を支払えば、普通のはがきの
書き損じと同じように郵便局で取り換えてくれるのです。
年賀の当選番号が気になるなら当選番号を見てから
取り換えれば良いだけの話です。

自分で書いて書き損じたものと違って印刷って結構、
取り換えていいものかどうかを悩みませんか?

大丈夫です。取り換えられます。

それからついでなのでもうひとつだけ。
私製はがきを作っている方の場合は
「年賀」の朱書きを忘れると年内に
届けられてしまうのでせっかく手作りして
インパクトを狙っても逆効果になりかねないので
注意が必要です。

そんなこんなで、
年賀状、まだ、これから出さなければならない人が
増えそうな雰囲気。

誰か、出すのを忘れているような気がして不安だ・・・・。
ラベル:年賀状
posted by ESE 青森からこんにちは at 22:22| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月14日

熊八珍

なんとなく、話の流れで同僚とお昼を
一緒にとることに・・・・・ヤ・バ・イ。

今日、外食する予定ではなかったから
財布の中には商品券しか入っていない。

小銭で食べられるようなお店(吉野家とかすき家とか)
なら何とかなるかもしれない、と思っていたら、
すき家を通り過ぎて向かいの熊八珍に入りやがった。
HI3D0022.JPG
うわっ、ココ、ただのラーメンでも500円ってことはないな、
6〜700円はするだろうと思い、
悩みました。
HI3D0023.JPG
1700円、あるいはアルコール混みで3千円あったら
間違いなく、コストパフォーマンスで考えたら
このお店が八戸で1・2位を争うのは必至です。
食べ放題にはいつかチャレンジをしてみたいとは
思っているお店です。

いや〜、普段、お店の紹介とかしてると
おまえ、貧乏だとかいいつつ、実は結構お金
あるんじゃないの?とお疑いの皆様、
実は綿密な計画に基づいての
お金の分配がなされた上での
お店の記事のアップです。

たまにこんな予定外の外食が入ると
今の支払いが出来るかどうか、を悩む位
貧乏なんです。

同情するなら金をくれ!

あっ、今日、深イイ話で久々に安達 祐実の顔を見たら
つい(笑)



財布の小銭の中に幸いにも500円玉があってくれたおかげで
何とか、なりそうだと思いつつも
メニューとにらめっこ。

ここの食べ放題は一度チャレンジしてみたいとは
思っていたけれど、今はそれどころではない。

早くメニューを決めなければ。
HI3D0020.JPG
外の看板にあった280円の小チャーハンと
スープワンタン280円の合計560円で何とか体裁を繕い、
注文したが、

たぶん、このお店で考えられうる最安値の注文ではないだろうか。
HI3D0027.JPG
最近小食になって悩んでます。
前だったらこんな小メニュー2つで
お腹いっぱいになるなんてことはなかったのに。

このお店、1200円でどの価格の中華を3品を選んでも食べることが出来たり、前述の食べ放題であったりとか、3千円くらいの予算を持っていればすこぶるコストパフォーマンスの良いお店なのです。

お財布にほんの少しいつでも余裕がある、という方にはお勧めのお店です。
HI3D0025.JPG
自家製のがっくら漬けも無料で食べることが出来ます。

すいません。何か、適当な記事になってしまって。
だって、予定してなかったんだもん。

八戸市根城1丁目37−9
電話0178−45−9391
熊八珍



ラベル:熊八珍
posted by ESE 青森からこんにちは at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月13日

携帯電話の調子がおかしくて

どうも、携帯電話の電源を切った覚えが
ないのに電源が切れているよな気がする。と
思い、auショップへ。

「あの、PCで言う所の“落ちる”ってことは
携帯電話にもありますか?」
と聞いたら、取り合えず、お預かりして
お調べします、とのことで

携帯が無い間の代替機を貸してくれるにあたり、
貸出期間中に私が水没させたり、破損したり
した場合には10500円支払います、という誓約書と
引きかえに代替機を借りてきていました。
TVが見ることが出来て中々良かったのですが、

今日、修理から戻ってきた、ってことで
受け取りに。

修理に出しただけの筈だったが、
外ケースを取り換えて、中の基盤を取り換えたって書いてある・・・・・。
それって新しい携帯になったってことであって、
修理って呼ばないんじゃあ?

まぁ、修理代金には5050円かかったようですが、
この携帯を買う時に修理代金割引サービスに入って
5,250円支払っていたのでその保険が適用になり、
今回の修理費用は無料となりました。
支払った分は元をとったようなので、
この後、修理に出すような状態になったら、
もう、保険料よりも保険金のほうが多く
なる訳だから、保険をかけておいた意味が
目に見えて嬉しいです。

この前から、車の修理代金で保険を使ったり、
今回で携帯電話で保険を使ったりで、

次は家族の保険を使う羽目にならないか、で、おっかなびっくりです。
posted by ESE 青森からこんにちは at 23:04| Comment(4) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。